陶炎祭について - Kasama HIMATSURI official website -

茨城県下最大!他に類を見ない陶器の祭典へようこそ

笠間の陶炎祭(ひまつり)は毎年4月29日~5月5日に笠間芸術の森公園イベント広場で開催される茨城県下最大のイベントです。

200軒以上の陶芸家・窯元・地元販売店などが、広大で緑豊かな笠間芸術の森公園イベント広場に集い、個性豊かな店作り と作品でお客様を迎えるという、他に類を見ない陶器の祭典です。

個性溢れる店づくり

ご来場の皆様に楽しんでいただけるように、個性溢れるお店と出店者がお待ちしています。なかでも、出店者手作りのお店は凝ったものが多く、商品とあわせて、お店の雰囲気も楽しむことができます。

食べ物も魅力的

会場内では陶芸家達が飲食店も担当しています。各自が工夫を凝らした独特の食べ物は、陶炎祭の名物になっているものもあり、会場での大きな楽しみのひとつです。それぞれのお店の雰囲気をお楽しみください。

楽しいイベントがいっぱい

笠間焼の展示販売の他、参加陶芸家が技と個性を競う「土面オークショ ン」、近隣小学生による「土面フェスティバル」、子供達も楽しめる「キッズランド」など、内容も盛りだくさんです。

笠間の陶炎祭の歩み

1982年(S57)に個人作家、製陶所、販売店の垣根を越えて有志が集まり出展者36名でスタート。

当時の発起人達は「とにかく何でも自分たちでやった!ブルで道を広げたりジャリ引きU字溝設置、トイレ作りまで(笑)」

焼物屋の地位向上、笠間の知名度アップ等々、忘年会の飲み屋で練った 大義名分掲げて「やろうと思ったことはなんでもやった」労力を惜しまずガムシャラに始ったのが 陶炎祭。やってる本人達が「文化祭みたいでとにかく面白かった!」と口々に語る。

現在の笠間焼があるのは、基礎を築いた先輩達あってのこと。先達への感謝を込めた 「陶祖祭」の意味合いも強く、第一回陶炎祭のメインイベントは、延命地蔵菩薩像の野焼きだった。

Q.何故「陶炎祭」と書いて「ひまつり」って読むの?

A.「ひまつり」という命名はいそべ陶苑の先代によるもの。1970年公開の笠間を舞台にした勝新太郎主演「あばれ火祭り」とかぶらないような漢字表記にした(らしい)

手作りのイベント

この頃からテントも勿論手作り、作れるものは何でも作った。

写真は初期の会場設営の様子

宣伝も自分たちで

「自分たち(焼物屋は)客寄せパンダとなりお客さんに宣伝した」その内のひとつである土面パレード、笠間市内をねり歩いた。

写真は初期の様子

家族総出で

家族総出で陶炎祭を作っていった。

写真は初期の様子

会場

1回目〜11回目までは芸術村で開催していたが、12回目より現在陶芸美術館のある場所に会場を移した。

写真は知名度があがり混雑するようになった第3回の会場

窯も勿論手作り毎年テーマを変えて大胆な造形で形作る。

写真は初期の窯
※今回は窯はありません。

ステージ

ライブステージも勿論手作り。ステージではプロ・アマ問わず幅広い催しが行なわれる。

写真は第1回ステージ
※今回は中央ステージのみ。

笠間の陶炎祭年表

開催期間 出来事
第34回 2015年(H27)
4月29日~5月5日
参加者235店
かさまる展
夜まつり出演者:tamamix デジ、The Bistro W、ドドイッツ)
DJナイト(Djeli ya kan) FOREST STAGE
第33回 2014年(H26)
4月29日~5月5日
参加者240店
マイ猪口倶楽部
陶炎祭スペシャルナイト出演者:さいとうゆい、The Bistro W、 HIMATSURI BLUES BAND OF KASAMA
第32回 2013年(H25)
4月29日~5月5日
参加者227店
被災地支援ブース 稲田縁日大宴会 純笠間焼ブース 笠間火器ブース
第31回 2012年(H24)
4月29日~5月5日
参加者227店
被災地支援ブース 笠間のたまご新人エリア
大島花子さん応援出演!笠間に元気を!!九ちゃんソングを歌う!
第30回 2011年(H23)
4月29日~5月5日
参加者195店
がんばろう東日本!応援ブース
大島花子さん応援出演!笠間に元気を!!九ちゃんソングを歌う!
第29回 2010年(H22)
4月29日~5月5日
参加者210名
お宝探し200展、抹茶碗展
夜まつり出演者:JAPA 仲野亜紀子と石川次郎トリオ GEORGE HOUSE BIG BAND
来場者約30万人
第28回 2009年(H21)
4月29日~5月5日
参加者219名
まったりのんびり茶器展、おうちでカフェ展、キリンカップ展
夜まつり出演者:宮崎勝央GROUP 近藤房之助 村上”ポンタ”秀一 伊太地山伝兵衛
中央会場に大屋根
第27回 2008年(H20)
4月29日~5月5日
夏の器展、ぐい呑1000個展、宵の市
夜まつり出演者:あがた森魚
第26回 2007年(H19)
4月29日~5月5日
THE野焼きSHOW、ぐい呑1000個展、宵の市
夜まつり出演者:上田正樹
第25回 2006年(H18)
4月29日~5月5日
参加者188名
夜まつり出演者:国本武春 PINK BONGO
第24回 2005年(H17)
4月29日~5月5日
百花繚乱大花器展
夜まつり出演者:中野マサハル JAZZ LIVE
第23回 2004年(H16)
4月29日~5月5日
アシの出た食器展
音楽をカタチにしよう展
夜まつり出演者:遠藤律子 with FRV
第22回 2003年(H15)
4月29日~5月5日
これなんだっぺ!?展
夜まつり出演者:六三四(MUSASHI)プロジェクト
第21回 2002年(H14)
4月29日~5月5日
これなんだっぺ!?展
夜まつり出演者:MAD-WORDS
第20回 2001年(H13)
4月29日~5月5日
仮装ダンスコンテスト
夜まつり出演者:アメリカングラフィティスーパーバンド アイデコBAND
第19回 2000年(H12)
4月29日~5月5日
参加者157名
開催期間を4月29日~5月5日に。
野焼きオークション
夜まつり出演者:ウータン&エルマノス
第18回 1999年(H11)
5月1日~5日
参加者156名
碗力(わんりょく)展
第17回 1998年(H10)
5月1日~5日
箸置き展
夜まつり出演者:MAMADOU DOUMBIA with MANDINKA
第16回 1997年(H9)
5月1日~5日
ゆのみ展、陶芸シンポジウム
夜まつり出演者:憂歌団
第15回 1996年(H8)
5月1日~5日
参加者133名
巨大テラス、コーヒー&マグカップ展
第14回 1995年(H7)
5月1日~5日
笠間芸術の森公園イベント広場に会場を移す。
夜まつり出演者:アメリカングラフィティバンド 鈴木ウータン正夫とソウルステーション
第13回 1994年(H6)
5月1日~5日
主催を笠間焼協同組合に移行。
夜まつり出演者:土谷和男+1
第12回 1993年(H5)
5月1日~5日
現在陶芸美術館のある場所に会場を移す。
夜まつり出演者:伊太地山伝兵衛商会
第11回 1992年(H4)
5月1日~5日
第10回 1991年(H3)
5月1日~5日
JR笠間焼&つつじ祭り号運行
第9回 1990年(H2)
5月1日~5日
参加者108名
第8回 1989年(H1)
5月1日~5日
オブジェ窯製作
会場内を土面パレード
第7回 1988年(S63)
5月1日~5日
ステージ新設
オブジェ窯製作
会場内を土面パレード
第6回 1987年(S62)
5月1日~5日
参加者102名
オブジェ窯製作
会場内を土面パレード
第5回 1986年(S61)
5月1日~5日
夜まつり出演者:ジョン海山ネプチューン(有料1,000円)
手板リレー、ミニFM局、イス取りゲームなど。
オブジェ窯製作、会場内を土面パレード
第4回 1985年(S60)
5月1日~5日
オブジェ窯製作
会場内を土面パレード
第3回 1984年(S59)
5月2日~6日
ステージ製作、夜まつり始まる。
夜まつり出演者:ジミー時田
土面仮装+ミス陶炎祭で市内をパレード
第2回 1983年(S58)
5月1日~5日
参加者73名
野焼き、オークション、綱引き、野点、手ひねり他
延命地蔵焼き
第1回 1982年(S57)
5月1日~3日
「手作りのお祭り」を前面に、36名でスタート。
会場は芸術村内の空き地。松や雑木が密生し、伐採、地ならしの他、井戸掘り、草刈など大変だった。
延命地蔵焼き